注文住宅といえばハウスメーカー

注文住宅を建設するうえで真っ先に候補に挙がるのがハウスメーカーです。実はハウスメーカーに明確な定義が設けられているわけではありませんが、基本的には全国展開している建築会社のことをハウスメーカーと呼んでいます。テレビコマーシャルで見かける住宅関連の企業はほぼハウスメーカーだと認識しておけば間違いありません。またハウスメーカーは大規模な住宅展示場を設けていることも多いのが特徴です。コマーシャルや住宅展示場で実査に建てている家を見かける機会が多いので、どういった強みがあるのかある程度把握できるというのがメリットといえるでしょう。一方で宣伝広告費に多大な金額を投資しているので建築費用が高くなる点がデメリットとなります。

工務店もハウスメーカーに負けない魅力が

しかしながら、実際に注文住宅を建築した人に、どこに建築を依頼したのか調査してみると、一定数で近所の工務店に依頼したという人がいつの時代も存在しています。それは工務店にはハウスメーカーにないようなメリットがたくさんあるからです。実は大手のハウスメーカーに家の建築を依頼しても、結局実際に家を建てるのはそのハウスメーカーの下請けとなっている工務店なのです。地域密着の工務店は何よりその地域の特色を良く知っているので、それらを踏まえた設計を提案してくれるというメリットがあります。

また、宣伝広告費をそれほどかけていませんし、ハウスメーカーが工務店に建築を依頼する際には中間マージンが発生するなど住宅に関係ない余計な経費がかかってしまうハウスメーカーとは異なり、ダイレクトに依頼できるので建築費用もハウスメーカーより安く済みます。

愛知の注文住宅会社は個人だけでなく、法人の依頼も受け付けています。新たに支社や事務所を設立したい場合などにおすすめです。