予算から候補を絞ろう

注文住宅を依頼する業者の選び方としてまず押さえておきたいのが予算に合わせることです。業者によってどのくらいの価格帯で依頼を受けてくれるかが異なります。いくつかのプランを用意していることもありますが、それでも業者ごとに高めか、平均並みか、安いかということに違いがあるので注意しましょう。予算以下になっていれば問題はないので、安いところを選んでも構いません。ただ、安いほど自由度が低い傾向があるので気を付ければならないでしょう。

必要な仕様を整えられるか

注文住宅を建てるメリットは自分たちが望む仕様を整えられることです。そのため、業者を選ぶときには必要な仕様を整えられるかどうかを見極めるのもポイントです。特に最新の住宅設備を入れたい、新しい工法で建てた住宅が良いという場合には対応できる業者が少ない場合がよくあります。希望する仕様をよく考えて、その全てに対応できる業者を選び出すようにしましょう。

アフターサービスの充実度

注文住宅を建てた後に不具合が生じたり、希望と合っていない部分があるのに気づいたりする場合があります。その際にどのくらい親切に対応してくれるかは満足度に大きく影響するポイントです。そのため、できる限りアフターサービスが充実している業者を選ぶのが大切です。二年間くらいなら修理や微修正であれば無料で対応してくれる業者もあります。引き渡しの時点で気づかなかったことでも丁寧に対応してくれるかを直接問い合わせをして確認してみると良いでしょう。

横浜の注文住宅は、最新の建築事例を参考にしながら、様々なデザインを取り入れています。外観もエレガントなので目立ちます。