静音かどうか共有スペースを確かめよう!

賃貸物件を選ぶときに、見逃しがちなのが「静音」についてです。部屋の周辺が静かだと、落ち着いた暮らしをしやすいです。特に自宅にいる時間が長い人は、静音かどうかを確かめてから契約するようにしましょう。集合住宅の場合、静音かどうか決める要因として、隣人などの住人の生活態度が重要になります。住人のマナーが良い賃貸物件を選ぶと、静音である可能性が高いです。住人のマナーを知りたい時は、ゴミ捨て場やエントランスなどの共有スペースを確かめるようにしましょう。共有スペースがきれいに片付いている場合は、住人のマナーが良く、騒音を立てる可能性が低くなります。静かな落ち着いた生活を送れる賃貸物件だと考えられます。

壁の厚さや床を確かめてみよう!

賃貸物件の内見をする時も、静音かどうかを確かめることができます。まず建物の壁の厚さを確かめてみましょう。壁の厚さが薄い場合は、隣の部屋の住人が立てた音が聞こえてしまう可能性が高くなります。ある程度、壁の厚みがあり、さらに防音仕様になっている壁の場合は、隣の部屋の音が漏れ聞こえることもないでしょう。またガラス戸が防音サッシになっているかどうか、確かめてみましょう。二重サッシなどになっている場合は、外の音を完全にシャットアウトすることができます。また床を歩いたとき、きしむような薄い床でないことを確認しましょう。体重が重い人が歩いても、まるで音がしない床が用意されている場合は、静かで快適な暮らしを送れるかもしれません。

釧路の賃貸」とは、釧路市周辺にある賃貸物件を指します。利用者の用途と予算に合わせて探すことが可能です。周辺状況や広さ、間取りはサイトに掲載されています。