同居を始めるにあたって

長男に嫁ぐ、介護のため、節約のためなど、同居を始めるにあたって理由は様々です。

一概に同居と言っても、家に住む家族みんながリラックス出来る空間は大事です。

一人でもリラックス出来ないようであれば、距離感を改める必要があります。

リラックス出来る空間とは

人によっては、細かく気を使って生きている人、あっけらかんにマイペースに生きてる人、上手く切り替えながら生きていける人など性格も様々です。気が知れた血縁関係のある家族同士ならいいかもしれませんが、それでもぶつかり合うこともあります。

そういった中でも、リラックス出来る空間とは距離感が適度に保たれた空間です。その中でも、同居するにあたって距離感の保たれた二世帯住宅が重要になってきます。

距離感の保たれた二世帯住宅とは

玄関別、トイレ・風呂別、キッチン別、ダイニング別、寝室別、もちろん光熱費等も別です。

すべて別の完全二世帯住宅だと思われた方もいると思いますが、そうです。完全なる二世帯住宅です。

一つだけ、異なるのは完全二世帯住宅の中にも、共用スペースを設けることです。

共用スペースを設けるにあたって

二世帯家族全員が揃える空間を一つ用意するだけで、距離が近い方でも、距離を取りたい方でも、過ごしやすい空間ができると思います。

個々のダイニングとは別に、共用ダイニングを設けることで特別な日など、二世帯揃って集まれたり、家族以外の親戚や共通の知り合いも共用ダイニングスペースへ案内することができます。

また、生活がどちらかに依存しないように注文二世帯住宅の共用ダイニングの配置位置は重要です。

福岡の注文住宅を建てるときには、台風などの自然災害にあったときにどれだけ耐えることができるかどうかを確認しておくことが必要です。