理想のイメージを形にできるのが魅力

設計から使用する建材まで住宅建築に関するすべての事柄を自分で決めることができるのが注文住宅の特徴です。すでに完成している建売住宅を購入するのに比べると非常に手間がかかりますが、マイホームに抱く理想のイメージを形にできるのが最大のメリットと言えます。ありきたりな構造では満足できない、部屋数を増やして子や孫と一緒に暮らしたいなどマイホームに対する考え方は人それぞれです。注文住宅は人によって異なる夢のマイホームを実現させるための方法と言えるでしょう。

信頼できる施工業者を選ぶことが大切

注文住宅は理想的なマイホームを建てる最善の方法ですが、その一方で理想と現実のギャップに直面する事実を無視してはいけません。建物の耐久性や敷地内における建ぺい率など、マイホームを建てる際には法律上の規制が大きな問題になります。住宅建築はプロの施工業者に頼むことになりますが、建て主の理想と実際に建てる際の規制のギャップをどれだけ埋められるかが業者の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。できるだけ建て主の理想を叶えつつ、法律に抵触しないように調整することが施工業者の務めです。そのため、注文住宅を建てる際は建て主も住宅建築の知識を学び、信頼できる誠実な施工業者を見分けることが重要と言えるでしょう。

費用が割高になることは覚悟する

注文住宅は基本的に建築費用が高額です。これは建材を特注で作ることが多く、手間のかかる工法で建てるのが理由になっています。特に建材を特注で作るのは費用の高額化に繋がるので、理想のマイホームを建てるなら予算に十分な余裕を持たせることを忘れてはいけません。

京都の注文住宅は、歴史のある京都に合わせた和風タイプも多いです。これは、街並みに調和させることを目的としているからです。